興信所の仕事は浮気調査が多い

浮気を知ったら興信所へ

ふとしたきっかけでパートナーが浮気している事実を知ってしまった。

そんな時に取るべき行動は、パートナーに事実を確かめることでも怒りにまかせて詰め寄ることでもありません。 まずは怒りをぐっとこらえ、興信所に浮気調査を依頼して確固たる浮気の証拠をつかむことです。

興信所に寄せられる浮気調査には2種類あります。 一つは浮気しているかどうかを確かめてほしいという調査依頼、もう一つは浮気していることははっきりしているから証拠を確保してほしいという依頼です。

パートナーの浮気を知った時に直接的な行動を起こしてはいけないのは、短期に任せて相手に詰め寄れば証拠を消されてしまう恐れがあるからです。 重要な浮気の証拠であるメールや携帯の履歴は簡単に消されてしまいますし、物的証拠もゴミに出されてしまえば手が出せなくなってしまいます。 相手と口裏を合わされてしまえば、浮気に対する制裁をするどころか逆に不利な証拠をでっち上げられてしまう可能性もないとは言えません。 DV日記などをねつ造されてしまえば、たとえあなたが何を言おうと否定するのは困難です。 最悪の事態を避けるためには、怒りに任せて相手に詰め寄るのではなく、興信所に依頼をして写真や動画などの動かぬ証拠を確保することが重要なのです。

興信所は浮気調査のプロですから、裁判でも通用するような強力な証拠を確実に抑えてくれます。 調査にかかる費用は調査日数が増えるほど膨らんでしまいますが、相手が浮気をしていることが確実で相手の目星もついているのであれば、それほど心配する必要はありません。 調査の手間が省けていれば短期間で調査は住みますし、人手も少なくて済みますから最小限の費用でばっちりと証拠を押さえられるでしょう。

興信所の浮気調査を活用して証拠を押さえることは、今後どのような行動を起こすにしても重要になります。 離婚裁判になれば物的証拠が何よりもものをいうことになりますし、親権争いを有利に進めるためにも絶対に必要です。 浮気相手に慰謝料請求する時にも証拠が必要になりますから、相手に感づかれて証拠を隠滅されてしまう前に興信所に依頼して、浮気の物的証拠を押さえておきましょう。

興信所で物的証拠さえ押さえることができれば、すべてを有利に進めることができます。 第三者に事情を説明することもできますから、あらぬ噂を立てられて名誉を棄損されてしまうような事態も回避できます。 浮気を知ってしまったら、何よりもまず興信所に駆け込みましょう。